太陽系科学第一   Planetary Science I

文字サイズ 

担当教員
井田 茂 
使用教室
 
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
18016
シラバス更新日
2009年7月30日
講義資料更新日
2009年7月30日
学期
前期

講義概要

星の形成と進化及び原始惑星系円盤の形成と進化の物理過程を系統的に講義する。輪講形式も取り入れる。

講義の目的

惑星形成理論のアドバンスト・コースとして、惑星大気および海洋の形成条件(居住可能性条件)および原始生命等について考える。輪講形式で行い受講者の理解を深める。

講義計画

原始惑星系円盤の観測(1回)
惑星大気の鉛直構造 (1回)
惑星大気の化学 (1回)
惑星大気の散逸 (1回)
暴走温室効果、海洋の存在条件 (1回)
太陽系惑星大気の概観 (2回)
原始地球 (1回)
原始地球における化学進化 (2回)
原始生命と細胞の進化 (2回)
光合成と地球環境の変化 (1回)

教科書・参考書等

""Atrobiology"" J. Lunine
岩波講座 地球惑星科学12「比較惑星学」(岩波書店)
岩波講座 地球惑星科学1「地球惑星科学入門」(岩波書店)

関連科目・履修の条件等

流体力学、熱力学、特に輻射輸送過程をマスターしていること。

成績評価

輪講における発表

このページのトップへ