生涯スポーツ実習f 水1   Lifelong Sports Exercise f

文字サイズ 

担当教員
石川 国広  林 直亨  須田 和裕  小谷 泰則 
使用教室
水3-4  
単位数
講義:0  演習:0  実験:1
講義コード
3133
シラバス更新日
2015年10月5日
講義資料更新日
2015年9月30日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:8

講義概要

講 義 名 【 バドミントンでメンタルヘルスをIII 】
バドミントンを教材として「自分」と向き合い,「学生相互の関わり」を大切にして,「メンタルヘルスの保持・増進」を目指します。
主なキーワードは,PDCAサイクル,学びの環境・成長できる場創り,コミュニケーションの活性化,セルフマネージメント,試合の充実などです。
個人や集団の変化・成長へのアプローチについて,ファシリテーションの手法や心理学の知見も織り交ぜて,授業を展開していきます。
 1)バドミントンの基本的な枠組みの理解と実践‥‥マナー,ルール,スキル,戦術・戦略などの修得
 2)PDCAサイクルの理解と実践‥‥課題設定 ~ 試行錯誤・創意工夫 ~ 分析・評価 ~ 改善・成長
 3)学びの環境・成長できる場創り‥‥受講者相互の関係作りとフィードバック・システムの基礎
   オープンマインド ~ 体験の共有 ~ 情報の提供と共感~ ポジティブ・フィードバック
 4)セルフマネージメント,試合の充実‥‥スキルアップ,レベルアップによる楽しみ方の体感
   自己分析 ~ 自己学習(教科書等の活用) ~ 相互学習・反復練習 ~ 自己対峙(試合) ~ 振り返り
 5)現実原則の理解とフラストレーション・トーレランスの向上‥‥パフォーマンスの背景の理解と実践
   知っている ~ 理解している ~ 出来る ~ うまく出来る ~ 自動化 ~ 複雑な状況対応

講義の目的

健康スポーツ科目では,健康的な生活や運動・スポーツ等に関する理解を深め,「幅広い視野を持った人材の育成」を目的としています。
生涯スポーツ実習は, スポーツ実習Ⅰ,Ⅱを基礎として,運動習慣の「定着化」と生涯スポーツへの「発展」を目指して,心身の健康と体力の維持増進,自己管理能力と集団での運営能力の向上をねらいとします。

講義計画

第 1週 「ガイダンスと種目分け」 ~ 授業の展開を理解する
       全体ガイダンス,種目分け,シラバス & PDCAサイクル,SSDS活用法,連絡事項
第 2週 「まずやってみよう!」‥‥‥用具の活用法,パーソナルスキル:PS,ルールの概要
       <スキル練習> ロングサーブ:LSr,9打点チェック:9-C,ハイクリア:HC,ロブ:Lb,ドライブ:Dr,ゲーム形式
第 3週 「基本の理解と実践を」‥‥‥各種ストローク,心理的ストローク,フィードバック法
       <スキル練習> LSr,HC:ロング,ドロップ:Dp,Lb,ヘアピン:Hp,Dr:コンパクト <試合> 半面シングルス
第 4週 「射程圏内を広げよう(1)」‥‥空間の作り方,打点の奥行き,レシーブ対応,フットワーク
       <スキル練習> Dp&Lb,HC:ワイド,プッシュ:Ps,レシーブ:Rc,スマッシュ:Sm   <試合> 半面シングルス
第 5週 「射程圏内を広げよう(2)」‥‥ラケットヘッドのスピードアップと打点の調整,フットワーク
       <スキル練習> 9C,ドリブンクリア:DC,Ps&Rc,Sm:角度,Rc:ロング・ショート  <試合> 半面シングルス
第 6週 「相手をあざむくには?」‥‥複合的ショット,打点の制御,シングルスの基礎−1
       <スキル練習> DC:方向性,ドロップラリー:Dp-R,Sm & Dp vs Rc & Lb    <試合> シングルス
第 7週 「練習メニューに主体性を」‥‥‥複合的ショット,テーマ別練習,シングルスの基礎−2
       <スキル練習> H&DC,Dp-R,Sm:スピート,Rc:ストップ,Hp +α       <試合> シングルス
第 8週 「基本的役割分担とは?」‥‥ダブルスの基礎−1:ルールの概要,責任範囲と基本の動き
       <スキル練習> 9C,H&DC,Dp-R,Sm & Rc,Hp,ショートSr:SSr      <試合> ダブルス
第 9週 「複雑なので難しい」‥‥‥‥ダブルスの基礎−2:サービス以降の展開,サイド・バイ・サイド
       <スキル練習> Dp-R,Sm& Rc,Dr:ロング,SSr,サービスリターン:Sr-R     <試合> ダブルス
第10週 「ペアワークをスムーズに」‥ダブルスの戦術−1:サインプレー,トップ&バック
       <スキル練習> スマッシュラリー:Sm-R,Hp:打点高,S&LSr,Sr-R,ペア・パターン練習 <試合> ダブルス
第11週 「複雑だから面白い!」‥‥‥ダブルスの戦術−2:テーマ別練習,状況判断の共有,供応した動き
       <スキル練習> Sm-R,S&LSr,Sr-R,ペア・パターン練習 +α          <試合> ダブルス
第12週 「ペアワークの発展(1)」‥‥ダブルスの戦術−3:責任範囲の変化,L字型フォロー,状況対応
       <スキル練習> Sm,Dp,Hp:ワイド,S&LSr,Sr-R,ペア・パターン練習      <試合> ダブルス
第13週 「ペアワークの発展(2)」‥‥ダブルスの戦術−4:ペアに応じたフォーメーション,状況対応
       <スキル練習> Sm,Dp,Hp,S&LSr,Sr-R,ペア・パターン練習+α       <試合> ダブルス
第14週 「総合力で闘おう!」‥‥‥‥スキルテスト対策,テーマ別練習,トータル・ヒューマン・パワー
       <スキル練習> PS,HC,Dp-R or Sm-R,+α                <試合> シングルス&ダブルス
第15週 「持てる力を出し切ろう」‥‥ピークパフォーマンス,学びの環境を日常へ
       <スキル練習> スキルテスト,総決算の試合,まとめと今後に向けての発展   <試合> シングルス&ダブルス

教科書・参考書等

大束忠司(2010):DVD付き 絶対うまくなる! バドミントン,主婦の友社(生協入荷)

関連科目・履修の条件等

4年次の学生を対象とします。
 1)教科書を必ず購入し,随時自己学習を進めてください。
 2)受講者には,パフォーマンス向上と集団の活性化に対し「主体的」かつ「積極的」に取り組むことを求めます。
 3)体育館専用のインドア・シューズに,生協で販売している「緑の靴ひも」をつけてください。
 4)汗をかくので,タオルと必要な人は水分補給のためのドリンクを持参してください。

成績評価

技能,理解,実践などから総合的に評価します。

担当教員の一言

 1)教員は「学びの場」の活性化を支援する「ファシリテーター」として柔軟に関わり,デモンストレーション等を交えて授業を展開していきます。
 2)Sustainable Self Development Sheet(SSDS)に毎回の授業で記録を残して活用します。
 3)学期末にスキルテストとリポート課題があり,課題を提出した者のみが成績評価の対象となります。

連絡先(メール、電話番号)

ishikawa_at_hum.titech.ac.jp( _at_を@に置き換え )

このページのトップへ