スポーツ実習 I 3類d   Sports Exercise I

文字サイズ 

担当教員
藤井 敬子  林 直亨  須田 和裕  石川 国広  小谷 泰則 
使用教室
火5-6  
単位数
講義:0  演習:0  実験:1
講義コード
3034
シラバス更新日
2015年3月30日
講義資料更新日
2015年4月28日
アクセス指標
学期
前期  /  推奨学期:1

講義概要

講 義 名 【 バレーボール 】
スポーツは,「元気に(心身が健康で気力・体力が高い)」「仲良く(コミュニケーションがしっかりできる)」を学び実践することができる最も有効な活動です。これを踏まえ,1コマの授業のうち,前半は各回のテーマに沿った基礎練習,後半はチーム対抗のゲームを行います。前半の基礎練習では,バレーボールの基本的な運動技能と体力を高めることを目的として,ボール操作を中心とした運動を行います。後半のゲームは,コミュニケーション(チームワーク)能力を高めることとバレーボール自体の醍醐味を理解してもらうために行います。

講義の目的

健康スポーツ科目では,健康的な生活や運動・スポーツ等に関する理解を深め,「幅広い視野を持った人材の育成」を目的としています。
スポーツ実習Iは,運動習慣の「形成」を目指して,心身の健康と体力の維持増進,運動技能の向上,コミュニケーション能力などの向上をねらいとします。

講義計画

第1週 種目別ガイダンスと種目分け,種目別の連絡
第2週 試しのゲーム
第3週 サーブ
第4週 アンダーハンドパスの面のつくり方
第5週 オーバーハンドパスの面のつくり方
第6週 ボール落下地点への移動
第7週 アタック① (助走)
第8週 アタック② (ジャンプ)
第9週 アタック③ (ミート)
第10週 チャンスボールのレシーブからアタック
第11週 サーブレシーブからアタック
第12週 強打レシーブからアタック
第13週 技能テスト
第14週 まとめのゲーム
第15週 まとめのゲーム

教科書・参考書等

教科書はありません。参考書は下記の2冊。
福原祐三 (編著) 1997 バレーボールの練習プログラム. 大修館書店
豊田博(編著) 1991 バレーボール技術クリニック.大修館書店.

関連科目・履修の条件等

1年次3類の学生を対象とします。

成績評価

技能,理解,実践などから総合的に評価します。

担当教員の一言

呼吸循環器の疾患など授業を受ける際に特別な配慮を必要とする人は事前に通知してください。

連絡先(メール、電話番号)

happyfamilyplant_at_yahoo.co.jp
( _at_を@に置き換え )

オフィスアワー

授業後

このページのトップへ