西洋近現代思想史   History of Modern Western Thoughts

文字サイズ 

担当教員
山田 有希子 
使用教室
月5-6(H111)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
0131
シラバス更新日
2015年3月18日
講義資料更新日
2015年3月16日
学期
前期  /  推奨学期:3

講義概要

「西洋」「近代」思想が、現代社会に与える影響は,宗教,政治,経済,科学技術等々の多方面において無視できない多大なものがある。「思想」とは、たんに観念的、非現実的なものではなく、われわれの日常生活において実質的力をもち、端的に「いかに生きるべきか」という指針を形成するものである。
 本講義では、「西洋」「思想」とは、「歴史」とは何か、という大前提を問うことから始める。そして、古代ギリシャから現代思想を概観した上で、とくに「近代」に着目し、「科学」と「自由」を主軸に、「西洋思想」の本質およびその問題点を探っていく。その中で、われわれが直面する応用倫理の諸問題(生命倫理・医療倫理・環境問題・情報倫理等々)という「現代」的関心についても時間のゆるす限り取り上げたい。

講義の目的

本講義の目的は,時間的・空間的に遠い異国の思想を通覧するにとどまることなく,同時に,我々自身のリアルタイムの社会問題(環境問題,先端医療技術倫理問題,経済問題等々)の根幹を押さえることにある。受講生が、そうした諸「問題」について、自分なりの意見や考えをもち、論述、展開できるようになることが最終目標である。

講義計画

第1週 ガイダンス
第2週 §1 「西洋思想」とは         (1)思想とは
第3週                      (2)西洋と東洋について
第4週                      (3)思想「史」~歴史という概念について
第5週 §2 西洋思想史概観        (1)西洋思想史の時代区分             
第6週                      (2)中世から近代への三大革命   ①ルネサンス            
第7週                                             ②宗教改革                 
第8週                        ※現代社会における問題   考察1)考察2)             
第9週                                        ③科学革命
第10週 §3 科学 と 現代         (1)近代から現代へ -「応用倫理」の諸問題                                    
第11週                      (2)科学と技術の関係  ①
第12週                                    ②
第13週 §4 自由 と 責任         (1)自由であるとはいかなることか
第14週                    (2)自由主義思想(liberalism) について
第15週            (3)責任の概念 ~「言葉」の力 と 哲学

教科書・参考書等

必要な資料・レジュメは適宜配布します。

関連科目・履修の条件等

この科目は、平成18年度以降の入学生には文系科目、17年度以前の入学生には文系基礎科目の単位として認定されます。

成績評価

2/3(期末試験を含め10回以上の出席)を評価対象とする。平常点(20%)、学期末試験(80%)の結果を総合して評価する。

担当教員の一言

出欠カードには、受講者のみなさんの質問、意見、批判等を記入してもらいます。それを反映しながら次回の内容が編成されますので、授業計画やシラバスはその都度変更になる可能性もあります。双方向型の授業を目指していますので、積極的な参加を求めます。なお、人数制限をする場合があるので、一回目の授業に必ず出席してください。

その他

連 絡 先:大岡山西9号館7階714号室 価値システム事務室

このページのトップへ