スポーツ実習II 7類a   Sports Exercise II

文字サイズ 

担当教員
須田 和裕  石川 国広  小谷 泰則  林 直亨 
使用教室
金5-6  
単位数
講義:0  演習:0  実験:1
講義コード
3071
シラバス更新日
2014年9月22日
講義資料更新日
2014年9月22日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:2

講義概要

種目名「卓球」
1.自分に適したコンディショニング方法を身につけ、日々実践することができる:毎回、最初の10分間は自分自身でプログラムし、自分に適卓球の技能の向上やコミュニケーション能力、ならびにグループワーク(リーダーシップ・フォローワーアップ)スキルの修得をねらいとする。生涯スポーツへの契機となるよう、楽しく積極的に運動を行う姿勢を養う。
試合後には必ず「振り返り」の時間を設け、対戦相手とともに技能・戦術分析を行う。

講義の目的

健康スポーツ科目では,健康的な生活や運動・スポーツ等に関する理解を深め,「幅広い視野を持った人材の育成」を目的とする。スポーツ実習Ⅱは,運動習慣の「継続化」と生涯スポーツへの「契機」となることを目指して,心身の健康と体力の維持増進,健康生活の実践力やグループワークスキルなどの向上をねらいとする。

講義計画

第1週 種目別ガイダンスと種目分け,種目別の連絡
第2週 打球動作について(「打つ」,「押す」,「当てる」の違い.ボールの軌跡と打球位置)
     打球動作における身体の使い方(脚と体幹の向き,腕の振り方)
第3週 基礎技術:フォアハンドの打ち方(ショート打法) フォアハンドラリー
第4週 基礎技術:バックハンドの打ち方(ショート打法) バックハンドラリー
第5週 基礎技術:フォアハンドの打ち方(ロングドライブとショートカット) フォアハンドラリーとフットワーク
第6週 基礎技術:バックハンドの打ち方(ロングドライブとショートカット) バックハンドラリーとフットワーク
第7週 基礎技術:サービスの打ち方(ドライブとカットサーブ):スマッシュの打ち方
         :レシーブの返し方(フリップ(はらい)とプッシュ(つっつき),ストップの使い分け)
第8週 シングルスゲーム1: 技能レベルから3~4グループに分け,トーナメント戦. ルール説明,審判法 
第9週 シングルスゲーム2: 前週の結果によってグループを入れ替え,総当たり戦1
第10週 シングルスゲーム3:                    総当たり戦2 
第11週 シングルスゲーム4:                    総当たり戦3
第12週 ダブルスゲーム1 : チーム力が均一になるよう3~4チームに分け,コンビネーション練習 
第13週 ダブルスゲーム2 :                    チーム対抗戦1
第14週 ダブルスゲーム3 :                    チーム対抗戦2
第15週 まとめ,ミニレポート作成,授業評価

教科書・参考書等

特になし

関連科目・履修の条件等

特になし

成績評価

技能、理解、実践などから総合的に評価する。

このページのトップへ