スポーツ実習 I 5類d   Sports Exercise I

文字サイズ 

担当教員
須田 和裕  石川 国広  小谷 泰則  林 直亨 
使用教室
木7-8  
単位数
講義:0  演習:0  実験:1
講義コード
3054
シラバス更新日
2014年4月6日
講義資料更新日
2014年3月18日
学期
前期  /  推奨学期:1

講義概要

健康トレーニング(SAQC)
SAQCは,S=スピード,A=アジリティ,Q=クイックネス,C=コンディショニングの頭文字をとったもので,「正しく動く」、「正しく走る」、「正しく跳ぶ」ということをトレーニングしていくことで,様々なスポーツ・運動の基礎となる,スピード・パワーの養成と身体をいたわるコンディショニング能力を高めることをねらいとする.この授業では,最新のトレーニング方法を紹介しながら,様々な身体能力を効率良く効果的に伸ばしていきたいと考えている.

講義の目的

健康スポーツ科目では,健康的な生活や運動・スポーツ等に関する理解を深め,「幅広い視野を持った人材の育成」を目的としています。スポーツ実習Iは,運動習慣の「形成」を目指して,心身の健康と体力の維持増進,運動技能の向上,コミュニケーション能力などの向上をねらいとします。

講義計画

第1週 種目別ガイダンスと種目分け,種目別の連絡
第2週 様々なストレッチの方法
第3週 ウォーミングアップの狙い
第4週 大腰筋を鍛える
第5週 健康を維持するための必要最低限の運動量について
第6週 コア(体幹)トレーニング
第7週 暑さに強い身体をつくる
第8週 ウォーキングとジョギング
第9週 コーディネーション・トレーニング
第10週 技術トレーニングの基本的方法
第11週 基本姿勢とその応用~垂直跳びとメディシンボール投げ
第12週 バランスボールを用いたトレーニング
第13週 フレキハードルを用いたトレーニング
第14週 運動と栄養
第15週 まとめ

教科書・参考書等

村木征人著 スポーツ・トレーニング理論(ブックハウス・エイチディ)

関連科目・履修の条件等

5類の学生を対象とします。

成績評価

技能,理解,実践などから総合的に評価します。

担当教員の一言

受講者の個性や現状を踏まえた内容を行っていきますので,普段,運動をほとんど行っていない者でも気持ちよく行える内容にしています.
二人一組で行うストレッチやエクササイズが多数あります.

このページのトップへ