スポーツ実習II 2類b   Sports Exercise II

文字サイズ 

担当教員
須田 和裕  石川 国広  小谷 泰則  林 直亨 
使用教室
月5-6  
単位数
講義:0  演習:0  実験:1
講義コード
3022
シラバス更新日
2014年9月18日
講義資料更新日
2014年9月26日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:2

講義概要

1年次後学期の学生を対象とする。
運動習慣の継続化と生涯スポーツへの契機となることを目指して,健康生活の実践力やグループワークスキルなどの向上をねらいとする。

講義の目的

2類の学生を対象とします。サッカーを教材とします。
授業のねらい
1.ゲームを楽しむための基礎的な技術を習得するとともに、ゲームのルール、マナーを身につける。
2.チームスポーツを通し、他のメンバーと円滑なコミュニケーションをもつことができる態度、能力を身につける。
3.他のメンバーとのコミュニケーションを通し、自己の技術を深め、チームスキルの向上をはかる。
  授業に、種目に、人に、ゲームに積極的に「かかわる」ことを大切にしたい。

講義計画

第1週 種目別ガイダンスと種目分け,種目別の連絡
第2週~第5週 「基本技術の習得&アイスブレイク」
 コーディネーショントレーニングに基づく基本技術練習(シュート、ドリブル、パス)
 基本的な個人技術の習得、ルールの習得、ゲーム
第6週~第8週 「ゲームの中で自分の技術を試す」
よりゲームに近いかたちでの練習、チームでのコミュニケーション、ゲーム
第9週~第10週 「正確なボールタッチ」
パス&シュート(3対1、3対3)、チームでのコミュニケーション、ゲーム
第11週~第12週 「より内容の濃いゲームを目指して」
ゲームからのフィードバックを基にした練習、ゲーム
第13週~第15週 「チームとしての完成を目指して」
チームごとの課題にあわせた練習、チームの戦術の確認・修正、ゲーム

教科書・参考書等

運動に適した服装で臨み、怪我予防のため、運動に適したシューズを着用すること。

関連科目・履修の条件等

2類の学生を対象とします。

成績評価

技能,理解,実践などから総合的に評価します。

このページのトップへ