ドイツ語初級1 D22   German I

文字サイズ 

担当教員
安徳 万貴子 
使用教室
火5-6(1ラボ)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
2410
シラバス更新日
2014年4月1日
講義資料更新日
2014年3月18日
学期
前期  /  推奨学期:1

講義概要

ドイツ語の基本文法を、1年間かけて学ぶ。
初級1はその前半部。
所定のテキストをベースに文法のポイントを把握し、
テキスト・プリントの練習問題を解く。
板書・口頭により、受講生は積極的に参加する。

講義の目的

1.ドイツ語の基本文法をつかむ。
2.辞書を使いこなせるようになる。
3.正確に発音できるようになる。

講義計画

1.発音のルール
2.動詞句から文を作る
3.名詞にまつわるあれこれ(格・性・冠詞・代名詞など)
4.前置詞句を作り、文に組みこむ
以上の4項目を、約3回づつの講義ペースで学習してゆく。

教科書・参考書等

必携書
1.『ドイツ語の時間』清野智昭、朝日出版社
2.独和辞典1冊
  (かならず1冊は購入すること。同学社『アポロン』、三省堂『クラウン』、郁文堂、小学館など、自分の使いやすいものを選ぶ。)

関連科目・履修の条件等

1.1年次の前期に受講。
  1年次での受講でない場合(再履修など)は、かならず一言申し出ること。
2.ひきつづき、1年次後期にはドイツ語初級2を受講すること。

成績評価

1.学期末の試験(および中間テスト)によって評価する。
2.特別な事情のないかぎり、授業に欠かさず出席していることを、評価の前提とする。

このページのトップへ