化学第二 I-1   Chemistry II

文字サイズ 

担当教員
大森 建  火原 彰秀 
使用教室
火1-2(W321)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
1641
シラバス更新日
2014年9月18日
講義資料更新日
2014年9月18日
学期
後期  /  推奨学期:2

講義概要

I 化学で用いられる方法や考え方を修得する。所定の教科書を用いる。
II 有機・無機化合物・環境化学について学ぶ。

講義の目的

無機化合物や有機化合物の構造や反応を通して、化学的な考え方をさらに習得とする。加えて、化学物質の地球環境への影響についても学ぶ。
 

講義計画

無機化合物
 金属、イオン性結晶
 分子性結晶、配位化合物
 配位数と立体構造
 配位化合物の結合:Werner型錯体と非Werner型錯体
 金属錯体の反応、金属錯体の磁性と色
 生体中での金属元素の働き
有機化合物
 有機化合物の構造
 有機化合物の合成
 有機化合物の反応
 有機分子間の相互作用
 生物体内の反応
 機能をもつ有機化合物
環境化学
 オゾン層破壊、大気汚染
 地球温暖化
 エネルギー問題と化学
 化学物質のリスク管理

教科書・参考書等

理工系基礎化学(講談社サイエンティフィク)

関連科目・履修の条件等

化学第一を履修しておくことが望ましい。

成績評価

筆記試験および出席。

担当教員の一言

 

その他

 
 

このページのトップへ