日本語第二 b   Japanese for Foreign Students 2

文字サイズ 

担当教員
山元 啓史 
使用教室
水5-6(W936)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
3212
シラバス更新日
2012年9月21日
講義資料更新日
2012年10月4日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:2

講義概要

「日本語第一」と同様

講義の目的

学部留学生として必要なレベルの高い日本語力を養成する。一般向けから多少専門的な内容をこなせるようにする。計画については、集まった学生の日本語力、ニーズにより変更することがある。

講義計画

1 聴解 1
2 聴解 2
3 聴解・題材をもとに話し合い
4 聴解・題材をもとに話し合い
5 読解 1
6 読解 2
7 読解演習
8 作文の基礎
9 作文演習 1
10 作文演習 2
11 要約文演習 1
12 要約文演習 2
13 発表
14 まとめ

教科書・参考書等

最初の授業で発表する。

関連科目・履修の条件等

日本語1を履修していることが望ましい。

成績評価

授業参加度、レポート、クイズ、テスト

担当教員の一言

語学の授業のため、授業中の積極的参加が必要である。

このページのトップへ