化学第二 V   Chemistry II

文字サイズ 

担当教員
前田 和彦 
使用教室
月5-6(W331)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
1651
シラバス更新日
2012年10月9日
講義資料更新日
2013年2月6日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:2

講義概要

化学熱力学を中心に、化学で用いられる方法や考え方を扱います。

講義の目的

半期の講義で熱力学と速度論の全容を扱うことはほぼ不可能ですので、「物質の状態と変化を普遍的に記述するための基礎」に焦点を絞って学習します。そして、物質の巨視的な状態変化、化学変化を熱力学と速度論の観点から記述し、考察できるようになることを目指します。

講義計画

以下の内容を全15回の講義(中間試験1回を含む)で学習します。

1. 気体の分子運動論
2. 内部エネルギー、熱、仕事(熱力学の第一法則)
3. エンタルピーと熱化学
4. エントロピーと熱力学の第二法則
5. HelmholtzエネルギーとGibbsエネルギー
6. 純物質の物理的な変態と相平衡
7. 液体の化学ポテンシャル、束一的性質、活量
8. 化学平衡
9. 平衡電気化学の基礎
10. 反応速度論

講義の理解度を確認するため、毎回の講義で簡単な小テストを実施します。

教科書・参考書等

(教科書)
理工系基礎化学(講談社サイエンティフィク)

(参考書)
アトキンス物理化学(東京化学同人)
ボール物理化学(化学同人)

関連科目・履修の条件等

化学第一(量子化学の基礎)を履修していることが望ましいですが、未履修でも問題はありません。

成績評価

中間試験と期末試験の結果、及び授業中に行う小テストの内容から評価します。

担当教員の一言

本年度から担当教員が変わりました。「前年度までの過去問が使えなくなる!?」といった不安もあるかもしれませんが、講義の内容を受講学生が理解し、使える知識とすることができるように配慮して進めていきます。

連絡先(メール、電話番号)

http://www.chemistry.titech.ac.jp/~ishitani/member/kmaeda/

このページのトップへ