教育基礎第一   Educational Foundations I

文字サイズ 

担当教員
佐々木 毅 
使用教室
 
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
3502
シラバス更新日
2009年7月30日
講義資料更新日
2009年7月30日
学期
前期  /  推奨学期:1

講義概要

Ⅰ 教育の本質・目標の大要の理解を目的とする。
Ⅱ 教育全般について,教育の意義,近代社会における機能,西洋及びわが国の教育発達の歴史的経緯などを内容とする。

講義の目的

 教育の本質・目標の大要の理解を目的とする。教職に付く上で必要だと思われる教育についての基礎的な知識と考え方を身につけることを目指す。

講義計画

1 教育とは何か
  社会の側から見た教育
  個人の側から見た教育
  2つの考えのバランスをとることの必要性
2 古代西洋の教育:
  ギリシャの教育
  ローマの教育
3 中世の教育:
  キリスト教と教育
  教会、宮廷の教育
  都市の教育、職人の教育
  大学の誕生
4 近世の教育:
  ルネッサンスの教育:人文主義と実学思想
  宗教改革の影響
5 近代の教育:
  啓蒙思想と教育
  産業革命と教育
  国家主導型教育の発展
6 日本の戦前の教育:
  西欧近代学校制度の導入
  日本的近代学校制度の確立
  「学歴社会」の成立
7 日本の戦後の教育:
  戦後教育の展開
  戦前と戦後の教育制度の連続と非連続
  日本の教育の抱える問題点

教科書・参考書等

なし

関連科目・履修の条件等

なし

成績評価

レポート

担当教員の一言

 教員免許を取得するとか,採用試験に合格するとか以上のこと,教師として生徒に(ひいては社会に)どのように貢献できるかを考えるようにしてほしい。
 着々寸進,洋々万里。

このページのトップへ