微分積分学演習第二 Q1   Exercise in Calculus II

文字サイズ 

担当教員
中山 能力 
使用教室
木3-4(S638)  
単位数
講義:0  演習:1  実験:0
講義コード
1259
シラバス更新日
2009年10月7日
講義資料更新日
2009年9月28日
学期
後期  /  推奨学期:2

講義概要

I 微分積分学演習第一に引き続き,数学で用いられる方法や考え方を微分積分学の演習問題を解くことにより修得する。
II 微分積分学第二Bをあわせて履修する者のみを対象とし,その講義に関連する問題演習を行なう。

講義の目的

微分積分学第二Bの講義と連係し、そこで扱う事項に関する問題演習を行う。線形代数学演習第二と同じ時間枠に、原則として隔週交代に開講する。

教科書・参考書等

「微分積分講義」・三町勝久・日本評論社

関連科目・履修の条件等

微分積分学第二Bをも履修すること。

成績評価

各クラス担当教員の指示による。

その他

担当教員別ホームページ
http://www.math.titech.ac.jp/~jimu/Syllabus/B1-j.html

このページのトップへ