芸術ワークショップ2009B   Art Workshop 2009B

文字サイズ 

担当教員
JUAN CRUZ  未定 
使用教室
 
単位数
講義:0  演習:1  実験:0
講義コード
0818
シラバス更新日
2009年11月9日
講義資料更新日
2009年12月10日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:2,4,6,8
補足資料

講義概要

Lecturer:Juan Cruz, Noboru Hidano

ホアン・クルス非常勤講師は、スペイン人のヴィデオアーティスト。現在リバプール・ジョン・ムーアズ大学の芸術科長を務めており、本年のエジンバラ国際芸術祭にも招待されている。
本ワークショップは、インスタレーションを中心に異邦からのまなざしをテーマとする集中ワークショップ。特に“物語を語ろう”に深い興味のある学生に対して開講する。

2009 winter semester intensive workshop during First to Midst January. This workshop will be given to students who are really interested in seeking for new art by world famous artist Juan Cruz (originated from Spain) from U.K. He will discuss the essence of installation from the viewpoint of parallels and disjuncture between writing and imagery. The interactions between students and the lecturer are strongly required.
The instruction will be in English. International students are welcome.

講義の目的

Lecturer:Juan Cruz, Noboru Hidano

ホアン・クルス非常勤講師は、スペイン人のヴィデオアーティスト。現在リバプール・ジョン・ムーアズ大学の芸術科長を務めており、本年のエジンバラ国際芸術祭にも招待されている。
本ワークショップは、インスタレーションを中心に異邦からのまなざしをテーマとする集中ワークショップ。特に“物語を語ろう”に深い興味のある学生に対して開講する。

2009 winter semester intensive workshop during First to Midst January. This workshop will be given to students who are really interested in seeking for new art by world famous artist Juan Cruz (originated from Spain) from U.K. He will discuss the essence of installation from the viewpoint of parallels and disjuncture between writing and imagery. The interactions between students and the lecturer are strongly required.
The instruction will be in English. International students are welcome.

講義計画

1.文章と心象(比喩的表現)2.両者の分裂と平行性 3.創作 4.討論

集中講義は演技演習で、夕方16:40からと水曜午後、土曜日を使って行われる予定。(英語、一部通訳つき)

教科書・参考書等

To be announded

関連科目・履修の条件等

人数制限を行うことがある。次の説明会に出席し、レポートを書いて受講が認められた者が申告できる。
10月7日(水)12:15 ~、大岡山キャンパス西9号館 W932 講義室 

Those who are interested in attending the workshop should attend first lecture on October 7th (from 12:15, at W932) and should submit a sheet of paper (A4) including their experiences in arts and intention to attend the workshop precisely. The eligible students will be announces by the midst of October.

Aを履修した学生が、Bを履修してもよい。

成績評価

実技、演習、レポート討論内容で評価する。

その他

推奨学期2,4,6,8 連絡先:世界文明センター(内線3892)

このページのトップへ