英語2 9-RW   English 2 9-RW

文字サイズ 

担当教員
高橋 章 
使用教室
月1-2(W331)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
2059
シラバス更新日
2008年10月1日
講義資料更新日
2008年10月1日
学期
後期  /  推奨学期:-

講義概要

英語1で学んだ基礎をさらに発展させて,より高度な英語力の養成をめざす。リーディングとライティングを中心としたRWと,リスニングとスピーキングを中心としたLSとの2種類が開講される。LSは習熟度に応じてLS-AとLS-Bに分かれる。

・RW
読解演習を基盤として,そこから発展させる形で英文作成の実習をおこなう。
・LS-A
ランゲージ・ラボラトリーなどを利用して,日常的な場面でのさまざまな発話を理解し,正しく状況が把握できるよう聴解力を養う。
・LS-B
身近なトピックについて的確なプレゼンテーションができるよう基礎的な訓練をおこなう。ディスカッションを通じて口頭表現能力を養う。

講義の目的

英語1で学んだ基礎をさらに発展させて、より高度な英語力の養成をめざす。リーディングとライティングを中心としたRWと、リスニングとスピーキングを中心としたLSとの2種類が開講される。LSは習熟度に応じてLS-AとLS-Bに分かれる。
・RW
 読解演習を基盤として、そこから発展させる形で英文作成の実習をおこなう。
・LS-A
 ランゲージ・ラボラトリーなどを利用して、日常的な場面でのさまざまな発話を理解し、正しく状況が把握できるよう聴解力を養う。
・LS-B
 身近なトピックについて的確なプレゼンテーションができるよう基礎的な訓練をおこなう。ディスカッションを通じて口頭表現能力を養う。

講義計画

授業はじめに各担当教員による。

教科書・参考書等

クラスごとの使用テキストは学期はじめに通達する。

関連科目・履修の条件等

平成18年度以降の入学者を対象に開講される。各学生がRWとLSのいずれを希望するか、あらかじめ調査をおこない、それに基づいてクラスを編成する。また、LSはTOEICのスコアをもとに、LS-AとLS-Bの2種類の習熟度別クラスに分かれる(スコアの高い学生がLS-Bを受講する)。再申告等の場合を除き、自分の指定されたクラスで履修する。

成績評価

各学生の授業での努力および試験成績に応じて評価される。

このページのトップへ