遺伝子工学 生物   Genetic Engineering

文字サイズ 

担当教員
中村 聡  福居 俊昭 
使用教室
木5-6(B223)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
8248
シラバス更新日
2015年9月16日
講義資料更新日
2015年9月16日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

遺伝子クローニングに用いる核酸関連酵素,クローニングベクター,宿主と形質転換・形質導入,遺伝子クローニングの方法,遺伝子・遺伝子産物の検出法,遺伝子の解析法など,遺伝子工学の基礎について述べます。また,RNA干渉,遺伝子診断・治療といった,遺伝子工学の応用技術について解説します。さらに,遺伝子工学の倫理的・社会的側面について言及すると共に,倫理的・社会的側面について問題提起し,自ら考えさせます。

講義の目的

遺伝子工学の基礎と応用,ならびに倫理的・社会的波及を理解し,遺伝子工学を社会に還元するために必要な知識・見識を涵養します。

講義計画

(1)遺伝子工学に用いる核酸関連酵素(Ⅰ)[福居]
    制限現象,制限酵素
 (2)遺伝子工学に用いる核酸関連酵素(Ⅱ)[福居]
    DNAリガーゼ,DNA ポリメラーゼ
 (3)遺伝子工学に用いる核酸関連酵素(Ⅲ)[福居]
    修飾酵素,ほか
 (4)クローニングベクター(Ⅰ)[中村]
    プラスミドベクターとその利用
 (5)クローニングベクター(Ⅱ)[中村]
    ファージベクターとその利用
 (6)宿主と形質転換・形質導入[中村]
    大腸菌の遺伝子型,形質転換,形質導入
 (7)遺伝子クローニングの方法(Ⅰ)[中村]
    ゲノムクローニング,cDNAクローニング
 (8)遺伝子クローニングの方法(Ⅱ)[中村]
    化学合成,PCR
 (9)遺伝子・遺伝子産物の検出法(Ⅰ) [中村]
   ハイブリダイゼーション解析(プローブ調製,コロニー・プラークハイブリダイ
    ゼーション)
(10)遺伝子・遺伝子産物の検出法(Ⅱ)[中村]
    ブロッティング解析(ブロッティング方法,サザン解析,ノーザン解析,ウェス
    タン解析)
(11)遺伝子の解析法(Ⅰ)[中村]
    塩基配列決定(マキサム&ギルバート法,サンガー法,蛍光式および次世代DNA
    シーケンサー)
(12)遺伝子の解析法(Ⅱ)[中村]
    転写解析,転写開始点解析,DNA結合配列解析,ほか
(13)遺伝子工学の応用技術(Ⅰ)[中村]
    ファージディスプレイ,RNA干渉,遺伝子診断・治療,DNA鑑定,ほか
(14)遺伝子工学の応用技術(Ⅱ)[中村]
    クローン動物,トランスジェニック動物,遺伝子組換え作物,ほか
(15)遺伝子工学の倫理的・社会的側面[中村]
    バイオハザード,カルタヘナ法,ほか

教科書・参考書等

「遺伝子工学 —基礎から応用まで—」(野島 博・著) 東京化学同人[参考書]

関連科目・履修の条件等

「生物工学基礎」を履修していることが望ましい。

成績評価

主として期末試験により評価します。

担当教員の一言

四大学連合・複合領域コースを履修する他大学学生にも推奨する。

このページのトップへ