生体高分子科学   Biomacromolecule

文字サイズ 

担当教員
森 俊明 
使用教室
木1-2(B226(す))  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
8234
シラバス更新日
2012年9月21日
講義資料更新日
2012年9月21日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

生体高分子である核酸,および多糖類の化学構造,物性および機能について概説する。さらに生体機能材料としての高分子設計および調製について講義する。

講義の目的

体を構成する分子を種類別に分類したとき大部分を占める高分子化合物について、その化学構造、物性及び機能について述べ、生体分子創製の戦略として高分子科学の手法が活用できるようにする。生体機能材料としての高分子設計・合成について講義する。

講義計画

1 高分子とは・高分子の特徴
2 高分子の溶液・固体物性
3 高分子の分子量
4 合成高分子の種類と重合法
5 糖鎖の合成法
6 糖鎖の構造と機能
7 糖鎖の合成法
8 糖鎖のバイオテクノロジーへの応用
9 DNAの構造と機能
10 DNA上での分子認識
11 DNA上での酵素反応  
12 転写と翻訳

教科書・参考書等

資料の配布、ヴォート生化学(上・下)

成績評価

出席、レポート、試験を総合して評価する。

このページのトップへ