分子進化学   Molecular Evolution

文字サイズ 

担当教員
木村 宏  梶川 正樹 
使用教室
木5-6(B226)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
8136
シラバス更新日
2015年11月11日
講義資料更新日
2015年9月16日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

生物の進化について,分子生物学の立場で理解するための知識,方法論等の基礎を修得する。特に真核細胞ゲノムの驚くべき構造とその成立過程を分子生物学の立場から述べる。
また,各種の生物の相同蛋白質の構造やその情報源である核酸の構造の比較等により,系統樹の作製,進化速度の算出,遺伝子重複の存否やその発現等に関する理解を深める。
さらに、エピジェネティクスに関しても理解する。

講義の目的

生物の進化について,分子生物学の立場で理解するための知識,方法論等の基礎を修得する。特に真核細胞ゲノムの驚くべき構造とその成立過程を分子生物学の立場から述べる。
また,各種の生物の相同蛋白質の構造やその情報源である核酸の構造の比較等により,系統樹の作製,進化速度の算出,遺伝子重複の存否やその発現等に関する理解を深める。
さらに、エピジェネティクスに関しても理解する。

講義計画

前半:エピジェネティクス
後半:分子進化学

教科書・参考書等

 

関連科目・履修の条件等

 

成績評価

前半と後半で各50点(100点満点)
前半は、小テストと中間試験による

担当教員の一言

担当
前半:木村
後半:梶川

このページのトップへ