国土・地域計画論   National and Regional Planning

文字サイズ 

担当教員
津々見 崇  大西 律子 
使用教室
月3-4(W932)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
7711
シラバス更新日
2014年10月2日
講義資料更新日
2014年10月5日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:4

講義概要

本科目では、国土計画や地域計画の意義・構造・手法について講述する。まず現在のわが国の国土の姿を整理し、抱える主な課題を把握することで、国土・地域計画の視点を学ぶ。
次に今日までの国づくり・社会資本整備・地域開発事業等の歴史をレビューし、時間軸上で国土・地域計画の意味を考える。
さらに、特に都市以外の国土部分に着目し、都市計画との対比を意識しながら、農山村や自然環境の利用や保全について、事例を用いながら学習する。
その上で国土・地域に関わる計画・制度の体系を学び、現在の国土・地域計画の構造及び手法を理解する。
最後にまとめとして、これからの国土・地域計画のあり方を考える。

講義の目的

都市計画・まちづくりに関する知識をベースとして、国土・地域に関する現代的課題およびそれに対する計画体系・計画内容を理解し、また計画史的視点からの現在の国土・地域計画の意味について理解することを通じ、これからの国土・地域計画に向けた考え方や方法を修得することを目指す。

講義計画

1.概論
2.歴史にみる国土・地域づくり
3.国土・地域計画と社会の発展
4.国土計画の現在
5.ケーススタディに学ぶ国土・地域計画
6.まとめ

教科書・参考書等

教科書は用いないが、適宜資料を配布する。
主な参考図書は次の通りだが、その他、講義中に逐次紹介する。
1.川上征雄(2008)、「国土計画の変遷 効率と衡平の計画思想」、鹿島出版会
2.国土の未来研究会・森地茂編著(2005)、「国土の未来 アジアの時代における国土整備プラン」、日本経済新聞社
3.土木工学体系編集委員会編(1979)、「土木工学体系22 ケーススタディ 国土計画」、彰国社
4.下河辺淳(1994)、「戦後国土計画への証言」、日本経済評論社
5.松浦茂樹(1992)、「明治の国土開発史―近代土木技術の礎」、鹿島出版会

関連科目・履修の条件等

「都市計画概論」「人間環境の計画史」等、関連する講義の履修が望ましい。

成績評価

小レポートおよび小試験の評価による。

担当教員の一言

内容は幅広いですが、わかりやすく説明しますので、最後まで頑張って履修して下さい。

このページのトップへ