建築構造設計第三   Structural Design III

文字サイズ 

担当教員
時松 孝次 
使用教室
木3-4(M112)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
7631
シラバス更新日
2013年9月20日
講義資料更新日
2013年9月20日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

I 建築構造物に関連する地盤災害および地震動災害とその防止策について講述する。
II 1.地盤災害 2.地震動災害 3.軟弱地盤対策 4.地震時液状化と対策 5.建物の免震と制振

講義の目的

建築構造物に関連する地盤・地震動災害と構造物設計との関わりについて講述する。

講義計画

  1.地震動災害と地盤災害
  2.質点系の自由振動
  3.質点系の強制振動
  4.地盤のせん断振動
  5.地震動とスペクトル
  6.建物の免震と制振
  7.砂地盤の液状化
  8.地震時の杭の水平抵抗

教科書・参考書等

適宜資料を配布する。

関連科目・履修の条件等

関連科目:建築構造力学、基礎工業数学など

成績評価

出席およびレポート

このページのトップへ