電気電子工学実験第2   Electrical and Electronic Engineering Laboratory II

文字サイズ 

担当教員
荒井 滋久  中川 茂樹  高橋 宏治  櫻井 仁夫  庄司 雄哉  岩崎 孝之 
使用教室
火7-8  金7-8  
単位数
講義:0  演習:0  実験:2
講義コード
7176
シラバス更新日
2011年9月20日
講義資料更新日
2011年9月20日
学期
後期  /  推奨学期:4

講義概要

Ⅰ 電磁気学で学んだ基礎的な諸現象を観測するとともに,回路理論および電気電子計測で学んだ電気回路に関する入門的な実験,および電子物性に関する基礎的な特性評価を行う。

Ⅱ フーリエ変換(矩形波・三角波,単一パルス)
  過渡現象(C-R,L-C-R回路の時間応答)
  分布定数回路(特性インピーダンス,反射,定在波)
  制御工学(伝達関数とフィードバック制御,制御の安定性)
  半導体物性(電子物性の基礎,キャリア濃度,ホール効果)。

講義の目的

電磁気学で学んだ基礎的な諸現象について観測するとともに,回路理論および制御工学で学んだ内容について入門的な実験を行う。 また,フーリエ変換の実際を学ぶとともに,半導体物性に関する基礎的な特性を評価する。

講義計画

1. フーリエ変換
2. 過渡現象
3. 分布定数回路
4. 制御工学
5. 半導体物性

教科書・参考書等

テキスト(生協販売)

関連科目・履修の条件等

次の授業科目と関連がある。
電磁気学Ⅱ,電気電子計測,フーリエ変換及びラプラス変換,回路理論,制御工学,半導体物性

成績評価

全出席および全実験履修が原則。
実験結果のレポート提出状況,内容採点により成績を評価する。

このページのトップへ