科学技術者実践英語 電電 A   Advanced English Communication for Engineers

文字サイズ 

担当教員
各教員 
使用教室
水1-2(I123他)  
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
5609
シラバス更新日
2009年9月28日
講義資料更新日
2009年9月28日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

I 科学技術者のための実践的な英語コミュニケーションスキル開発を行う。受講予定者は,予めTOEIC TOEFLを受講し申告時にスコアシートを提出する必要がある。申告時においてある程度のスコアレベルに達していることが望ましい。スコアシートの提出がない場合及び基準点に達していない場合,受講できないことがある。授業では,コミュニケーションスキルの内容に応じてクラス編成を行い訓練を行う。

講義の目的

小人数10-12名のクラスで,技術系の分野における英語によるコミュニケーション力を育成する.

講義計画

クラス編成は,おおむね学科単位あるいは学科群単位で,各学科等で専門の授業と重複の少ない時間に開講します.
受講者数多数のため,複数クラスを開設する一部の学科では,能力別クラス編成をします.
1.ガイダンス,クラスわけ(10月15日(水)~17日(金) 月,水,金の曜日クラス毎に実施)
2.リスニング,語彙力強化,状況に応じたミニプレゼンテーション
3.リスニング,語彙力強化,状況に応じたミニプレゼンテーション
4.リスニング,語彙力強化,状況に応じたミニプレゼンテーション
5.リスニング,語彙力強化,状況に応じたミニプレゼンテーション
6.リスニング,語彙力強化,状況に応じたミニプレゼンテーション
7.リスニング,語彙力強化,状況に応じたミニプレゼンテーション
8.最終プレゼンテーション(12月中旬)

教科書・参考書等

講師の準備する東工大当該科目オリジナルのテキストを用いる.
内容は,科学技術に関連した雑誌記事,新聞,放送など.

関連科目・履修の条件等

履修申告段階でTOEICまたはTOEFL(CBT or PBT)のスコアシート(団体受験スコア可,コピー可,ただし原本を持参すること)を必ず提出すること.
履修希望者が収容人数を越えた場合には,TOEICまたはTOEFLの点数が高い学生が優先的に受講できる.また,提出したスコアにより能力別クラス編成を行う.
受講のために必要となる最低点を設定する.

成績評価

出席および最終プレゼンテーションを重視する.
25%以上欠席のあるもの,最終プレゼンテーションを欠席したものには単位を与えない.

このページのトップへ