計算機論理設計 O   Computer Logic Design

文字サイズ 

担当教員
一色 剛 
使用教室
木5-6(W631)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
7218
シラバス更新日
2013年9月20日
講義資料更新日
2013年10月2日
アクセス指標
学期
後期  /  推奨学期:4

講義概要

I 計算機を構成するプロセッサとその制御部に関し,具体構成と設計の原理を講義する。特に,レジスタトランスファ言語を用いて計算機の内部動作を記述し,簡単な計算機の設計を行う。
II デジタル論理の基礎,レジスタ・トランスファ論理,プロセッサの論理設計,制御論理の設計,コンピュータの設計。

講義の目的

計算機を構成するプロセッサとその制御部に関し,具体構成と設計の原理を講義する.特に,レジスタトランスファ言語を用いて計算機の内部動作を記述し,簡単な計算機の設計を行う.

講義計画

1. デジタル論理の基礎:ブール代数と論理ゲート,ROM と PLA,組合せ回路と 順序回路
2. レジスタ・トランスファ論理1:レジスタ・トランスファ言語,レジスタ間 転送,算術・論理・シフト,マイクロ操作,条件付き制御文
3. レジスタ・トランスファ論理2:固定小数点2進データ,10進データ, 浮動小数点データ,非数値データ
4. レジスタ・トランスファ論理3:あふれ,算術シフト,命令コード
5. レジスタ・トランスファ論理4:簡単なコンピュータの設計
6. プロセッサの論理設計1:プロセッサの構成,算術論理演算回路の設計
7. プロセッサの論理設計2:論理演算回路の設計,算術論理演算装置の設計
8. プロセッサの論理設計3:状態レジスタ,シフタの設計,プロセッサ装置
9. プロセッサの論理設計4:アキュムレータの設計
10. 制御論理の設計1:制御の構成,結線制御(例1)
11. 制御論理の設計2:マイクロプログラム制御,プロセッサ装置の制御, 結線制御(例2)
12. 制御論理の設計3:PLA制御,マイクロプログラム順序器
13. コンピュータの設計1:システム構成,コンピュータの命令
14. コンピュータの設計2:タイミングと制御,命令の実行,コンピュータ・ レジスタの設計
15. コンピュータの設計3:制御の設計,コンピュータの操作卓

教科書・参考書等

(Eクラス)・ コンピュータアーキテクチャ, M.Moris Mano著, 國枝博昭, 伊藤和人訳, 科学技術出版, 1999, 6000円
(Oクラス)・ コンピュータの論理設計,M. Morris Mano 著,奥川 峻史,井上 訓行 訳, 共立出版,1985,3918 円

参考書等
・コンピュータの構成と設計I,II,F.J. Hill, G.R. Peterson 著,当麻 喜弘 他訳,サイエンス社,1981

関連科目・履修の条件等

論理回路理論 (3学期,○,2-1-0)
計算機アーキテクチャ第一 (5学期,○,2-0-0),集積回路設計 (5学期,●,2-0-0),情報実験第三 (5学期,◎,0-0-3)

成績評価

期末試験により評価する.

その他

関連サイト
(Eクラス) TOKYO TECH OCW
http://www.ocw.titech.ac.jp/index.php?module=General&action=T0300&GakubuCD=101&GakkaCD=53&KougiCD=7217&lang=JA

(Oクラス) TOKYO TECH OCW
http://www.ocw.titech.ac.jp/index.php?module=General&action=T0300&GakubuCD=101&GakkaCD=53&KougiCD=7218&lang=JA



知識ユニット
* デジタル論理の基礎
* レジスタ・トランスファ論理
* プロセッサの論理設計
* 制御論理の設計
* コンピュータの設計

このページのトップへ