線形回路理論   Linear Circuit Theory

文字サイズ 

担当教員
高木 茂孝 
使用教室
水1-2(S612)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
7257
シラバス更新日
2009年8月4日
講義資料更新日
2009年8月4日
学期
前期  /  推奨学期:5

講義概要

I 電気回路基礎論を学習した学生を対象とし,線形回路の時間領域,周波数領域における動作について述べ,その解析方法を修得させる。
II 回路の微分方程式と応答,ラプラス変換による回路解析と回路関数,1端子対回路,2端子対回路など。

講義の目的

回路の時間領域,複素周波数領域動作の考え方と解析方法,回路合成理論の基礎を修得する.

講義計画

1. 回路方程式
2. 回路の時間応答と周波数応答
3. ラプラス変換による回路解析
4. 回路関数の極と零点
5. 正実関数の定義と 2, 3 の性質
6. 回路の受動性と安定性
7. 2 端子回路の性質
8. 2 種素子 2 端子回路の性質
9. 2 種素子 2 端子回路の合成:部分分数展開
10. 2 種素子 2 端子回路の合成:連分数展開
11. 2 端子対回路のパラメータ
12. 2 端子対回路の伝送特性
13. 伝送回路の性質と実現

教科書・参考書等

・高木茂孝著,線形回路理論,昭晃堂,2004

参考書等
・線形回路理論,岸 源也,木田 拓郎 著,共立出版
・電気回路,椎塚 久雄 著,コロナ社
・情報伝送工学演習,武部 幹他 著,学献社
・アナログフィルタの設計と解析,堀 敏夫 著,電波新聞社

関連科目・履修の条件等

電気回路基礎論 (4学期,◇,2-0-0)
線形電子回路 (6学期,◇,2-0-0)
アナログ集積回路(大学院:集積システム)

成績評価

中間試験,期末試験により評価する.

その他

関連サイト
線形回路理論のページ
http://www.ec.ss.titech.ac.jp/~takagi/CT/circuit-theory.html

TOKYO TECH OCW
http://www.ocw.titech.ac.jp/index.php?module=General&action=T0300&GakubuCD=101&GakkaCD=53&KougiCD=7257&lang=JA



知識ユニット
* 回路方程式と応答
* ラプラス変換
* 伝達関数
* 極と零点
* 安定性
* 回路合成

試験問題・略解の公開
線形回路理論のページ にて公開

このページのトップへ