線形システム論   Theory of Information Processing

文字サイズ 

担当教員
山下 幸彦 
使用教室
月7-8(S633)  木3-4(S633)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
7836
シラバス更新日
2011年9月30日
講義資料更新日
2011年9月20日
学期
後期  /  推奨学期:4

講義概要

 

講義の目的

システム工学の基本となる線形システムに関して,フーリエ変換,ラプラス変換,z変換,
システムのモデル化,制御理論について講義する.さらに,線形システムの応用として,線形
回路,OPアンプ回路,ディジタルフィルタに関して説明する。

講義資料,日程は次のURLで配布しています。

http://www.ide.titech.ac.jp/~yamasita/LS/index.html

講義計画

1. システム工学
2. 線形代数とその演算
3. フーリエ変換
4. ラプラス変換
5. z変換
6. 連続システムのモデル化
7. 離散システムのモデル化
8. 可制御性と可観測性
10. 安定性
11。制御理論

教科書・参考書等

教科書
 尾崎義治「システム工学と線形システム理論」内田老鶴圃

関連科目・履修の条件等

特になし。

成績評価

中間40点,期末40点,宿題40点

その他

講義資料,日程は次のURLで配布しています。

http://www.ide.titech.ac.jp/~yamasita/LS/index.html

このページのトップへ