弾塑性力学   Theory of Elasto-Plasticitys

文字サイズ 

担当教員
PIPATPONGSA THIRAPONG  大即 信明 
使用教室
火7-8(S633)  木7-8(S633)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
7825
シラバス更新日
2009年8月4日
講義資料更新日
2009年8月4日
学期
前期  /  推奨学期:3

講義概要

工学材料の変形挙動および強度は数理的に表現することができる。その材料を安全に
構造物要素・機械部品として利用するため、どのように弾塑性体が変形するか、どの
ように材料特性に基づいて強度を計算するか、弾塑性力学を理解する必要がある。本
授業により、弾性理論と塑性理論の基礎を修得し、数学的解析法について学ぶ。

講義の目的

機械・構造システム設計に応用することができるために,材料に生じる弾塑性変形の
力学挙動を理解させる。弾塑性現象の物理と、取り扱う方程式、構成式とその解析方
法について講義する。

講義計画

(1) 変形とひずみ
(2) 応力
(3) つりあい式・適合条件
(4) エネルギ原理
(5) フックの法則
(6) 平面応力,平面ひずみ,軸対称
(7) 材料強度
(8) 関連流れ側
(9) 降伏条件
(10) 棒の曲げとねじり
(11) 円筒・円板
(12) 降伏条件
(13) サイロ・壁に作用する土圧
(14) 破壊メカニズム

このページのトップへ