計測制御数学第一   Mathematics for Instrumentation and Control I

文字サイズ 

担当教員
小林 彬  倉林 大輔 
使用教室
火5-7  
単位数
講義:2  演習:1  実験:0
講義コード
6703
シラバス更新日
2005年5月10日
講義資料更新日
2005年5月10日
アクセス指標
学期
前期  /  推奨学期:-

講義概要

計測・制御システム工学に必要な数学の基礎について講義および演習を行う。複素関数論、ラプラス変換、フーリエ変換および計測理論より構成される。

講義の目的

本講義は前半と後半に分けられ、本ページで紹介する部分は前半である。

前半では、複素関数論、ラプラス変換について講義および演習を行う。授業期間中に中間試験を行い、前半部分の成績を決定する。

講義計画

1.複素関数
2.複素関数の微分
3.複素関数の積分
4.複素関数の展開と留数
5.ラプラス変換入門
6.ラプラス変換と特殊関数

このページのトップへ