宇宙航空材料学   Introduction to Material Science and Aerospace Materials

文字サイズ 

担当教員
吉野 雅彦  山本 貴富喜 
使用教室
火7-8(I121)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
6620
シラバス更新日
2011年3月23日
講義資料更新日
2011年3月23日
学期
前期  /  推奨学期:3

講義概要

I 材料の特性・機能を支配する諸法則を学ぶことにより,機械技術者が宇宙航空を含む広範囲の環境下で材料を利用・操作するに必要な基礎能力を修得させる。
II 材料の構造,組織,相律,状態図,組織制御,宇宙航空材料。

講義の目的

材料の特性・機能を支配する諸法則を学ぶことにより,機械技術者が宇宙航空を含む広範囲の環境下で材料を利用・操作するに必要な基礎能力を修得させる.

講義計画

1.材料の選択と使用例 2.機械的性質の評価法 3.原子配列と結晶構造 4.結晶のすべり変形 5.結晶の強度と転位 6.多相物質の安定性,平衡状態図 7.非平衡,準平衡 8.ミクロ組織と力学的性質の制御 9.宇宙航空材料(金属材料) 10.宇宙航空材料(非金属材料) 11.宇宙航空材料(複合材料)

教科書・参考書等

機械材料 打越二彌著 東京電機大学出版

関連科目・履修の条件等

なし

成績評価

期末試験の結果およびレポートにより評価する.

このページのトップへ