振動解析学   Vibration Analysis

文字サイズ 

担当教員
遠藤 滿  高原 弘樹 
使用教室
金3-4  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
6624
シラバス更新日
2006年3月6日
講義資料更新日
2006年3月6日
アクセス指標
学期
前期  /  推奨学期:-

講義概要

Ⅰ  線形の連続体(分布定数系),非線形系の振動と安定問題などについての入門的解説
Ⅱ  構造要素(弦・棒・梁など)連続体の振動や波動特性,1自由度系の非線形振動,定常振動の安定性など

講義の目的

 I. 線形の連続体や,非線形系の振動,および,安定問題などについての入門的解説
 II. 連続体の振動や波動特性,非線形振動,安定問題など.

講義計画

「連続体の振動と波動」
 1. 弦の波動,波動方程式,
 2. 変数分離による解法,固有値問題,弦の自由/強制振動
 3. 棒の縦振動/ねじり振動,演習
 4. 梁の振動と固有値問題
 5. 固有関数の直交性,梁の強制振動
 6. Hamiltonの原理による基礎方程式の導出,まとめ

「非線形系の振動」
 7. 線形振動と非線形振動について
 8. 幾何学的取扱い手法:位相面と位相面軌跡
 9. 幾何学的取扱い手法:平衡点の種類,演習
 10. 解析的取扱い手法:摂動法
 11. 解析的取扱い手法:平均法
 12. 解析的取扱い手法:調和バランス法,演習
 13. 定常振動の安定性,パラメトリック共振
 14. まとめ

教科書・参考書等

特になし

関連科目・履修の条件等

振動工学を履修していることが望ましい.

成績評価

試験の実施とレポート提出

このページのトップへ