高分子物理化学演習   Exercise in Physical Chemistry of Polymer

文字サイズ 

担当教員
川内 進  戸木田 雅利  山田 和彦 
使用教室
月3-4(S631)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
6224
シラバス更新日
2009年9月28日
講義資料更新日
2009年9月28日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

高分子物理化学系の講義、「高分子構造」と「高分子物性」についての理解を深めることを目的とする。これらの講義に関連した演習を行う。

講義の目的

高分子物理化学系の講義「高分子構造」,「高分子物性」,「高分子計算機化学」の内容に関連した問題演習を行い,これら講義内容に対する理解・興味・関心を深める.

講義計画

「高分子鎖のコンホメーション」,「ゴム弾性」,「結晶性高分子の構造と熱的性質」,「高分子溶液の熱力学」,「線形粘弾性」など,高分子物理化学のうち重要かつ理解が難しい内容に関係する問題演習を行う.
毎回の講義は,(1)前回の問題の解答解説,(2)問題演習 からなる.

教科書・参考書等

高分子学会編「基礎高分子科学」(東京化学同人)

関連科目・履修の条件等

高分子物理化学系の講義「高分子構造」,「高分子物性」,「高分子計算機化学」を履修している,もしくは本講義と同学期に履修すること.

成績評価

毎回の出欠と期末試験による.

担当教員の一言

高分子物理化学は,教科書を読んだだけではなかなか本質をつかむことは難しい.理解への近道は自分で演習問題を解いてみることである.

このページのトップへ