分子間力と凝集力   Intermolecular and Adhesive Forces

文字サイズ 

担当教員
宮澤 薫一 
使用教室
集中講義等   
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
5825
シラバス更新日
2015年9月16日
講義資料更新日
2015年9月16日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

分子間力と凝集力の基礎について講義する。

講義計画

1.高分子溶液の熱力学的性質
  1.高分子の形態:ランダムコイル(ガウス鎖),排除体積効果,半屈曲性性鎖)
  2.高分子溶液の熱力学的諸量:Flory-Hugginsの高分子濃厚溶液論,高分子溶液の浸透圧
  3.高分子の拡がりと粘度
2.低分子電解質
  1.Debye-Huekel(D-H)近似とその改良
  2.電解質溶液の当量電導度
3.高分子電解質
  1.ドナン平衡及び浸透圧,第2ビリアル係数
  2.高分子イオンの拡がりと粘度
  3.対イオン凝縮
  4.Manning理論
  5.電位差測定:低分子,高分子カルボン酸の滴定,高荷電密度の高分子酸,Henderson-Hasselbalchの式
  6.誘電緩和現象:双極子配向緩和,界面分極,棒状分子の分極
  7.半屈曲性鎖からのアプローチ
  8.近年の話題

教科書・参考書等

高分子電解質(高分子実験学13:共立出版)\ Polyelectrolyte, F. Oosawa, M. Dekker

成績評価

授業出席

このページのトップへ