有機化学(材)第三   Organic Chemistry (Materials Engineering Course) III

文字サイズ 

担当教員
早川 晃鏡 
使用教室
火3-4(南8-102)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
5803
シラバス更新日
2014年9月18日
講義資料更新日
2014年9月18日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義概要

I 有機化学(材)第二に引き続き,基礎的知識の修得を目的とする。
II テキスト「マクマリー有機化学,第6版,下巻」によって,有機化合物の構造,反応性並びに反応論について概説する。

講義の目的

有機化学(材)第一および第二で学習した有機化学の基礎的概念に基づいて,炭水化物,たんぱく質,脂質,核酸などの生体分子の構造と反応の基礎を習得する.

講義計画

1.アミン
2.複素環化合物
3.炭水化物
4.脂質
5.アミノ酸,ペプチド,たんぱく質
6.核酸
7.代謝経路の有機化学

教科書・参考書等

「有機化学」第6版 下巻 マクマリー著 東京化学同人

関連科目・履修の条件等

有機化学(材)第一および第二を予め履修しておくことが望ましい.

成績評価

期末試験の成績を主に評価する.

このページのトップへ