金属の疲労   Fatigue of Metals

文字サイズ 

担当教員
小林 郁夫 
使用教室
火1-2(南8-101)  
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
5727
シラバス更新日
2012年9月21日
講義資料更新日
2012年9月21日
学期
後期  /  推奨学期:6

講義の目的

材料の破壊と疲労に関する基礎,特に材料の「ねばさ」を表す破壊靭 性や耐久性を評価する疲労特性を求める時に必要な応力拡大係数(K)を理解 し,事例を示しながら求められるようにする。

講義計画

・応力ーひずみの関係,応力の種類と定義
・応力集中と亀裂のまわりの応力場
・応力拡大係数
・破壊靭性とその試験法,計測法
・疲労の評価に用いる基本的パラメーター
・疲労寿命と亀裂の伝播
・破壊と疲労のまとめ

教科書・参考書等

講議資料を用いるが参考書は適宜紹介していく。

関連科目・履修の条件等

短期間で破壊と疲労を順番に理解していくため出席と無遅刻は必須

成績評価

授業中のクイズ,および試験。

担当教員の一言

理解を早める為に,講義中に例題を解くので計算機を使用する場合が ある。電卓を持参すること。

このページのトップへ