量子力学(地惑)   Quantum Mechanics(EPS course)

文字サイズ 

担当教員
榎森 啓元 
使用教室
火5-8(石2-318)  
単位数
講義:2  演習:2  実験:0
講義コード
5076
シラバス更新日
2015年3月16日
講義資料更新日
2015年8月4日
アクセス指標
学期
前期  /  推奨学期:5

講義概要

地球惑星科学を学ぶ学生が、予備知識なく量子力学の基礎概念を理解することを目指す。

講義の目的

「地球惑星科学科生のための」量子力学である。
授業・演習を行いながら進め、予備知識なく量子力学の基礎概念を理解させることを目指す。

講義計画

1.量子力学確立の前夜
1.1 プランク定数の発見
1.2 光の粒子性、電子の波動性
2.ド・ブロイ波の波動方程式とその解
2.1 二重性の数学的表現
2.2 1次元井戸型ポテンシャル
2.3 期待値
3. 1次元の波動方程式の解
3.1 1次元のポテンシャル問題
3.2 箱形ポテンシャル
3.3 厚さのある壁ポテンシャル
3.4 1次元調和振動子
4 球対称場における1粒子運動
4.1 軌道角運動量
4.2 球対称場における波動方程式
4.3 水素原子
5.1 縮退のない場合の摂動論
5.2 縮退がある場合の摂動論
5.3 時間を含む摂動論

教科書・参考書等

講義用テキストを配布する。
参考書については第一回目の授業の際に紹介する。

関連科目・履修の条件等

特になし

成績評価

第1回目の授業において発表する。

担当教員の一言

将来、相対論的量子力学、素粒子物理学、宇宙物理学を学びたい学生は物理学科で開講している科目を履修することを勧める。

このページのトップへ