物理数学演習第二 B   Exercises in Applied Mathematics II

文字サイズ 

担当教員
今村 洋介  横山 毅人  椎野 克 
使用教室
火5-6(W641)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
5053
シラバス更新日
2015年9月24日
講義資料更新日
2015年9月16日
学期
後期  /  推奨学期:4

講義概要

物理数学第二についての理解を深め、その理解を助けるための具体的問題の演習を行う。
複数のクラスが開講されるので、シラバス等で内容を確認のこと。

講義の目的

物理数学第二の講義内容の理解を深めると同時に、実際に問題を解くことで計算力を身につける。

講義計画

毎週、授業で問題を配布し、翌週までに解いてきてもらう。
問題は担当を決めて黒板で発表、場合によってはレポートを提出してもらう。
クラス分けは物理数学演習第一と逆(A⇔B)とする。

教科書・参考書等

物理数学第二の項を参照のこと。

関連科目・履修の条件等

物理数学第二の履修を前提として話を進める。 物理学科外からの履修希望者については,個別に可否を判断する。物理数学第二の講義と共に履修することが望ましい。

成績評価

授業中の発表、レポート、試験により総合的に評価する。

担当教員の一言

積極的に授業に参加し、質問することを期待しています。

このページのトップへ