物理数学演習第一 C   Exercises in Applied Mathematics I

文字サイズ 

担当教員
伊藤 克司  藤本 義隆  横山 毅人  生駒 大洋 
使用教室
木7-8(石2-318)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
5053
シラバス更新日
2010年3月29日
講義資料更新日
2010年3月22日
学期
前期  /  推奨学期:3

講義概要

I 物理数学第一についての理解を深めその修得を助けるため,具体的問題の練習を行う。
II 物理数学第一の講義に関連して,問題解答の練習その他を行う。

複数のクラスが開講されるので,シラバス等で内容を確認のこと。

講義の目的

解析学の基礎である複素関数論の理解を深め,理学の諸問題に応用できるようになるために行う。

講義計画

複素数
複素変数の関数
正則関数
初等関数
線積分
積分定理
級数
留数定理
実積分への応用

教科書・参考書等

「複素関数入門」R.V.チャーチル/J.W.ブラウン著, 中野實訳(数学書房)
「複素関数(理工系の数学入門コース)」表実著(岩波書店)
「初等関数論」能代清著(培風館)

関連科目・履修の条件等

物理数学第一と同時に履修することが望ましい。

成績評価

小テストおよび期末テストによる評価

担当教員の一言

この演習クラスは地球惑星科学への進学者を対象としている。
総合科学である地球惑星科学を学び研究する上で幅広い一般教養が必要である。
一般教養の一つとして複素関数論の基礎を習得し使いこなせるようになることを目標とする。

このページのトップへ