集合と位相演習   Exercises in Set and Topology

文字サイズ 

担当教員
逆井 卓也 
使用教室
火5-6(H111)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
5010
シラバス更新日
2010年4月14日
講義資料更新日
2010年3月22日
学期
前期  /  推奨学期:3

講義概要

集合・位相第一の講義に関連する演習を行う。

講義の目的

集合と位相第一に関連した演習を行い、理解をより確かなものとします。
直感的に明らかな命題に対しても厳密な証明を与えるなどといった経験を通じ、数学における議論の基本を身につけて行きます。

講義計画

集合と位相第一の進度に対応します。

教科書・参考書等

「集合と位相」内田伏一著, 裳華房

関連科目・履修の条件等

集合と位相第一とあわせて履修してください。

成績評価

黒板での発表を最も重視します。
また、出席、小テスト、レポートも評価の対象とします。

担当教員の一言

演習を通じて、自分で組み立てた議論を自分自身で確かめられる力、またそれをほかの人に説明できる力を身につけて下さい。

このページのトップへ