解析学演習C第二   Exercises in Analysis C II

文字サイズ 

担当教員
柴田 将敬  鷲見 直哉  村田 實 
使用教室
月7-8(H116)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
5135
シラバス更新日
2008年10月23日
講義資料更新日
2008年10月23日
学期
後期  /  推奨学期:-

講義概要

実解析第二,関数解析に関する実解析的問題の演習を行う。
実解析第一,複素解析第一を履修しておくことが望ましい。

講義の目的

実解析第二、関数解析に関連した演習を通じて、関数空間を用いた解析を学ぶ。

講義計画

実解析第二、関数解析の講義に関連した問題を中心に黒板演習を行う。

教科書・参考書等

実解析第二、関数解析の講義に準じる。

関連科目・履修の条件等

実解析第二、関数解析とあわせて履修することを前提とする。

成績評価

黒板での発表と試験の結果を総合して成績を評価する。

担当教員の一言

自分が発表するときは他人の理解の助けになるように準備し、
発表を聞くときは大いに質問をし、理解の助けにして下さい。

このページのトップへ