幾何学演習B第二   Exercises in Geometry B II

文字サイズ 

担当教員
吉田 朋好  吉野 太郎 
使用教室
木7-8(H112)  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
5131
シラバス更新日
2008年10月23日
講義資料更新日
2008年10月23日
学期
後期  /  推奨学期:-

講義概要

幾何学第二の講義に関連した演習を行う。

講義の目的

幾何学第二の講義に関連した問題演習を行い,講義の理解を深め,科目内容の修得を確実なものとすることを目的とする.

講義計画

幾何学第二の講義に関連した問題演習を,解説を適当に織り交ぜながら,各自の答案を授業中に提出してもらう形で行う.
また必要に応じて,理解の確認のための小テストを実施する.

教科書・参考書等

参考書等
参考書として
 1.「微分形式の幾何学」森田茂之著(岩波書店)
 2.「多様体の基礎」 松本幸夫 著(東京大学出版会)
 3.「多様体入門」 松島与三 著(裳華房)
をあげる。

関連科目・履修の条件等

幾何学第二を履修していることを前提とする.

成績評価

授業中に提出された答案・小テスト等の評点による.

担当教員の一言

多様体論に限ったことではありませんが,とくに講義においては時間の制約のため,基本となる概念の一般的・抽象的な立場からの展開に追われることなりがちです.演習ではできるだけ適当な例を取り上げる
ようにしたいと思いますが,自分で勉強する際にも,一般的な定義に出会ったら,たとえばユークリッド空間内に具体的に埋め込まれた
多様体を例にとって考えてみるといった態度で臨むと理解が深まるでしょう.

このページのトップへ